ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)
花に続いて、鳥も行ってきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
今月末にもう1回行くけど、席はまだ発券していないので不明です。

【あらすじ】※ディップス・プラネットより
織田信長が明智光秀に討たれた本能寺の変から八年の月日が流れた、天正十八年(1590)の初め。

天下が豊臣秀吉に握られようとしていたこの頃の関東平野に、関東髑髏党の鉄機兵たちに追われて逃げる女の姿があった。その名は<沙霧(清水葉月)>。関東荒野に不気味にそびえる漆黒の異形の城、髑髏城の絵図面を持っているために追われていたのだ。そこに通りかかった北条家の家臣である<渡京(粟根まこと)>は、沙霧を助けるのかと思いきや電光石火で裏切り、髑髏党側につく。絶体絶命の沙霧を救ったのは、薄汚いこもを被った愚鈍な表情のあやしげな男<捨之介(阿部サダヲ)>だった。

やっとの思いで沙霧がたどり着いたのが、関東一の色里“無界”。宿場も兼ねた旅人など人の出入りも賑やかな街。到着したばかりの牢人姿風の男<狸穴二郎衛門(梶原善)>や、ボロボロの着物でうろつく貧相な百姓風の男<少吉(少路勇介)>など様々な人々が行きかっている。この色里一と評判の<極楽太夫(松雪泰子)>に、“無界”の用心棒気取りの関八州荒武者隊の統領<兵庫(福田転球)>もすっかり骨抜き状態だ。面倒見のいい極楽は傷だらけの沙霧を介抱し、なぜか沙霧を追うように里に現れた捨之介も一緒に一晩、里にかくまうことにする。

その晩、再び沙霧を狙って鉄機兵たちが襲来。里を留守にしていた“無界”の里の主でもある<無界屋蘭兵衛(早乙女太一)>も加わり応戦するが、そこに異形の鎧と仮面を身につけた関東髑髏党党首の<天魔王(森山未來)>が手下たちを引き連れて現れる。こも被りを取り天魔王に襲い掛かる捨之介、仮面を外す天魔王、表情が変わる蘭兵衛。三人の男のただならぬ気配に、その場に緊張感が張りつめた。一触即発の三人のもとに二郎衛門が割って入ったことでその場はおさまるが、捨之介はとある山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(池田成志)>のもとへと向かう。一方、蘭兵衛は誰にも知らせず、たったひとりで髑髏城へと乗り込もうとしていた。

捨之介、天魔王、蘭兵衛の過去の深い縁(えにし)とは? それぞれの思惑、謀略、願いは果たされるのか……?

【感想】

レッツゴー髑髏城かな???もしくはネタドクロ。
準劇団員によるやりたい放題盛りたい放題のすごい髑髏城だった。
成志さんが言ってた「下北じゃないんだぞ!!」が全てかもしれない。
あと、今までの髑髏城を見た上で楽しむ別世界の髑髏城かも。

阿部捨之介は、地の人間である「忍」感が前面に出てて、捨の過去が見えたけど、ちょっと他の2人と人間関係薄いかなぁ、と思った。
あういう捨も居ていいと思う、チラリズムの色気はないけどwww
でも、お尻は丸出しだったね。
地の男としては、正しい姿なのかもなぁ…とも思います。

天魔王と蘭兵衛の殺陣は、本当に凄いし、蘭兵衛美しいぞ。
踊りと殺陣とでスピード感が凄い。
ワカのコンビ凄い。
殺陣凄い。
踊りも凄い。
なんかもう凄い。
四の五の言わず、見せたい。

極楽は美しかったぞ。場面展開で歌ったりと、極楽大変そう。
今回の極楽と蘭兵衛は、精神的には完全なる恋人のような気がした。
なんか、共依存の恋人みたいな感じ。
精神的な関係が深そうだった。

ネタ枠、贋鉄斎。
舞台装置見た時に「回るよね???www」と思って笑った人、素直に言おう。
私は笑った。
そして、実際に回って笑った。
贋鉄斎と捨の場面は完全にアドリブ合戦だったし、贋鉄斎「苗場」とか言ってたからね。
※観た日はフジロックの翌日

あと、細々とした背後の人間関係がよく見えたけど、希薄だなって思うとこも多々あったし
展開が早かったり、見覚えのあるシーンがなかったりして、初見でこれはしんどいかなと思った。
でも、準劇団員よる髑髏城を使ったお祭りだと思えばこれはこれでやっぱり髑髏城なんだよなぁ、と思いました。

もう1回も楽しみだ。
もう1回、あの殺陣が観ることができるのが幸せ♡

【2017/08/08 15:05】 | theater
トラックバック(0) |
 20170630_195248.jpg

先日、北海道に行ってました。

北海道ローカルコンビニ(って思ってたら関東にもあった)セコマ。

セコマ!!
自分へのお土産とか大体、セコマで食べ物買って来たんですけど。

美味しそうって思って買ったのが「山わさびポップコーン」。

  20170630_212626.jpg

いかめしとサッポロクラシックで夕食後に物足りなくて食べることに。

わさびっぽい匂いも特になく、食べたらからい!
わさびのからさ!!
ビール、きゅーっっっと。

うまーーーーーーーーーー!!!
止まらないやつ、これ。
いかめしでも飲んでたので、あっという間にビールはなくなり北海道限定ナポリンサワーを取り出しポップコーンを食べる。

  20170630_213227.jpg

サワー、あまい!
ポップコーン、からい!!

おいしい!!!!

なんで、一袋しか買ってこなかったの、私。

ということで、誰か北海道行った時はぜひ、私に山わさびポップコーンを恵んでください。


【2017/07/14 09:57】 | beni
トラックバック(0) |
GWに東京に行きまして。
ジェットセッターに憧れる私は、基本的に飛行機移動です。
※早くとれば新幹線より安いし、夜行バスは翌日使い物にならないので乗りたくないという理由です。

いつも、手荷物検査場すぐ側の搭乗口が多いのに、今回は珍しく端の方。
52番とかそこらへん。
ズンズン歩いてて、自販機が目に…。

20170505_193148_HDR.jpg

!!??
ダシ!!??

20170505_193152.jpg

しかも、東京なのに「やまやのうまだし」!!!!
私、知ってるぞ、お前は福岡の子やろ…?
なんで、東京の空港にある自販機に…?

まぁ、買うよね。
そして、自宅まで持ち帰り。
20170530_232853.jpg 

冷たいで売ってたので、冷蔵庫でよーく冷やしてから。

どこからどう見ても出汁。
開けて匂いを嗅いでも出汁。
匂いはきつめかな?
あごだしだからかな。
20170530_232906.jpg  20170530_232918.jpg

飲むと冷たい出汁。
まぁ、出汁やもんな。

温かい方が美味しいんじゃないかと思って、レンジでチン。

20170530_233047.jpg

醤油入れて、うどんいれたい……。
(ただ、食欲を増進)

ホームページ見たら、羽田限定だったの…。
夜中の空腹にぴったりだよ、お腹満たされるよ。
また、東京行くから、飛行機の搭乗が端の方ならまた買うかもしれない。


やまやのうまだしスープ缶


【2017/07/05 15:00】 | other
トラックバック(0) |
20170618_111533_HDR.jpg

タイトルそのままなんですけど。
先日、ストリップ観客デビューしました。
何年か前から、行くことに興味はあったんですけど。
紳士たちの社交場じゃん?小娘がぱっぱらぱーと行くのは怖い(素直な感想)

それが漸くタイミングがあい、金原みわさんとたなかときみさんが観劇オフを実施するとのことで、諸手をあげて参加しました。

ちょっとしたハプニングがあったりしたんですけど、下手側の最前列に着席。
下調べとか何もしていないので、観てただ驚く感動する。
それの繰り返し。

1人の踊り子さんが30分くらい舞台の上にいて、作・演出・主演:自分の一人芝居を見せてくれるのです。
それが、5人。
しかも、回によって演目が違ったりするわけです。

素直に、あれだけの入場料でいいの?
おひねりとかいらない?
入れ替えとかないので、いるだけお得システム凄くない??

エロとかR18なフィルターがあるけど、あれはアートだと思う。
凄い。

それより何より、踊り子さんの肌が本当にシルクみたいな艶々した綺麗なお肌でお手入れ方法を教えてほしいです。
本当に踊るから、脚の筋肉とか凄いしアスリートだなって思う。

まずストレッチするとこからスタートするね…。


多分また行きます。
既に、ツイッターで行こうって話してたりする。

演目とかの話もしたいけど、一先ずはざっくりだけ。
他にも書かないといけん奴あるんだ…だしの話とか。

【2017/06/23 17:50】 | other
トラックバック(0) |
GWに観に行った。
6月も行く。
運良く前方席・後方席で分かれているので楽しみです。
(見え方が違うらしい)

【あらすじ ※公式より】
時は天正十八年(1590)。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、都から遠く離れた関東の村々は<天魔王(成河)>率いる関東髑髏党に荒らされていた。
この日も、とある村が髑髏党の鉄機兵たちに襲われていたところに傷だらけの<沙霧(清野菜名)>が飛び込んでくる。彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。と、そこに派手な身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。先頭に立つのは、頭目の<兵庫(青木崇高)>だ。しかし仲間の<三五(河野まさと)>の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。そこへフラリと現れた着流し姿の男が、手にした大きな鉄煙管で鉄機兵を叩きのめす。男は自らを<捨之介(小栗旬)>と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせるため、兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。
色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人<狸穴二郎衛門(近藤芳正)>らの姿もある。この色里一と評判の<極楽太夫(りょう)>は、「沙霧をかくまってほしい」という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。
その夜。店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主<蘭兵衛(山本耕史)>がそれを阻む。そこに突然現れる、天魔王。実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄だったのだ。南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。しかしこの場は、狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。
天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(古田新太)>を訪ねて、無敵の鎧を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。
しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。
捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか……。

【感想】

3時間半のアトラクションだよ。

贋鉄斎、ズルくない?
チャリンコとローラーブレードと肉襦袢。

貴方のドクロ、どれから?
ワカドクロから

っていう新参者なんですけど、人が変わると話が変わりますね。
見える景色が変わるっていうか。
実際、客席動いてるんで見えるものは変わってるんですけど。

前回に増して、隙まみれの捨之介。
何も捨てられず、抱え込むしかできない子です。

蘭兵衛は、何も詰まってないんでしょう。
あの場で、死んでる感凄い。
多分、無界は守らないといけないものとは思ってるけど、本心はきっとどうでもいいと思ってそう。
傀儡。
誰かが、中身を入れなきゃいけないの。
それが極楽か?天魔か?という。

あの天魔は、キチ感凄かった。
やばそう。
純粋な悪だよ。
ノリは軽いけど、魔王だよ。

極楽はワカの時は、母性で包み込む姉御(蘭兵衛を見守ってる)だったけど、今回は対等な関係って感じだった。
蘭兵衛なこと分かってるから突き放してる(良い大人なんだから、自分でどうにかなさいよって感じ)。

沙霧は若さとか才能とかあふれてる。
飛び蹴りが凄い。
垂直に飛び蹴り。

兵庫はバカ。
元気なゴリラだよ。

最後は舞台に川ができて驚いた。

感想、書きながら終わりが見えないんだけど、面白かった。

もうこれで良くない?
私は考察とかできないタイプなんだ。

6月も楽しみ!!

【2017/05/19 16:01】 | theater
トラックバック(0) |