ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花に続いて、鳥も行ってきました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
今月末にもう1回行くけど、席はまだ発券していないので不明です。

【あらすじ】※ディップス・プラネットより
織田信長が明智光秀に討たれた本能寺の変から八年の月日が流れた、天正十八年(1590)の初め。

天下が豊臣秀吉に握られようとしていたこの頃の関東平野に、関東髑髏党の鉄機兵たちに追われて逃げる女の姿があった。その名は<沙霧(清水葉月)>。関東荒野に不気味にそびえる漆黒の異形の城、髑髏城の絵図面を持っているために追われていたのだ。そこに通りかかった北条家の家臣である<渡京(粟根まこと)>は、沙霧を助けるのかと思いきや電光石火で裏切り、髑髏党側につく。絶体絶命の沙霧を救ったのは、薄汚いこもを被った愚鈍な表情のあやしげな男<捨之介(阿部サダヲ)>だった。

やっとの思いで沙霧がたどり着いたのが、関東一の色里“無界”。宿場も兼ねた旅人など人の出入りも賑やかな街。到着したばかりの牢人姿風の男<狸穴二郎衛門(梶原善)>や、ボロボロの着物でうろつく貧相な百姓風の男<少吉(少路勇介)>など様々な人々が行きかっている。この色里一と評判の<極楽太夫(松雪泰子)>に、“無界”の用心棒気取りの関八州荒武者隊の統領<兵庫(福田転球)>もすっかり骨抜き状態だ。面倒見のいい極楽は傷だらけの沙霧を介抱し、なぜか沙霧を追うように里に現れた捨之介も一緒に一晩、里にかくまうことにする。

その晩、再び沙霧を狙って鉄機兵たちが襲来。里を留守にしていた“無界”の里の主でもある<無界屋蘭兵衛(早乙女太一)>も加わり応戦するが、そこに異形の鎧と仮面を身につけた関東髑髏党党首の<天魔王(森山未來)>が手下たちを引き連れて現れる。こも被りを取り天魔王に襲い掛かる捨之介、仮面を外す天魔王、表情が変わる蘭兵衛。三人の男のただならぬ気配に、その場に緊張感が張りつめた。一触即発の三人のもとに二郎衛門が割って入ったことでその場はおさまるが、捨之介はとある山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(池田成志)>のもとへと向かう。一方、蘭兵衛は誰にも知らせず、たったひとりで髑髏城へと乗り込もうとしていた。

捨之介、天魔王、蘭兵衛の過去の深い縁(えにし)とは? それぞれの思惑、謀略、願いは果たされるのか……?

【感想】

レッツゴー髑髏城かな???もしくはネタドクロ。
準劇団員によるやりたい放題盛りたい放題のすごい髑髏城だった。
成志さんが言ってた「下北じゃないんだぞ!!」が全てかもしれない。
あと、今までの髑髏城を見た上で楽しむ別世界の髑髏城かも。

阿部捨之介は、地の人間である「忍」感が前面に出てて、捨の過去が見えたけど、ちょっと他の2人と人間関係薄いかなぁ、と思った。
あういう捨も居ていいと思う、チラリズムの色気はないけどwww
でも、お尻は丸出しだったね。
地の男としては、正しい姿なのかもなぁ…とも思います。

天魔王と蘭兵衛の殺陣は、本当に凄いし、蘭兵衛美しいぞ。
踊りと殺陣とでスピード感が凄い。
ワカのコンビ凄い。
殺陣凄い。
踊りも凄い。
なんかもう凄い。
四の五の言わず、見せたい。

極楽は美しかったぞ。場面展開で歌ったりと、極楽大変そう。
今回の極楽と蘭兵衛は、精神的には完全なる恋人のような気がした。
なんか、共依存の恋人みたいな感じ。
精神的な関係が深そうだった。

ネタ枠、贋鉄斎。
舞台装置見た時に「回るよね???www」と思って笑った人、素直に言おう。
私は笑った。
そして、実際に回って笑った。
贋鉄斎と捨の場面は完全にアドリブ合戦だったし、贋鉄斎「苗場」とか言ってたからね。
※観た日はフジロックの翌日

あと、細々とした背後の人間関係がよく見えたけど、希薄だなって思うとこも多々あったし
展開が早かったり、見覚えのあるシーンがなかったりして、初見でこれはしんどいかなと思った。
でも、準劇団員よる髑髏城を使ったお祭りだと思えばこれはこれでやっぱり髑髏城なんだよなぁ、と思いました。

もう1回も楽しみだ。
もう1回、あの殺陣が観ることができるのが幸せ♡
スポンサーサイト

【2017/08/08 15:05】 | theater
トラックバック(0) |
GWに観に行った。
6月も行く。
運良く前方席・後方席で分かれているので楽しみです。
(見え方が違うらしい)

【あらすじ ※公式より】
時は天正十八年(1590)。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、都から遠く離れた関東の村々は<天魔王(成河)>率いる関東髑髏党に荒らされていた。
この日も、とある村が髑髏党の鉄機兵たちに襲われていたところに傷だらけの<沙霧(清野菜名)>が飛び込んでくる。彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。と、そこに派手な身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。先頭に立つのは、頭目の<兵庫(青木崇高)>だ。しかし仲間の<三五(河野まさと)>の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。そこへフラリと現れた着流し姿の男が、手にした大きな鉄煙管で鉄機兵を叩きのめす。男は自らを<捨之介(小栗旬)>と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせるため、兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。
色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人<狸穴二郎衛門(近藤芳正)>らの姿もある。この色里一と評判の<極楽太夫(りょう)>は、「沙霧をかくまってほしい」という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。
その夜。店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主<蘭兵衛(山本耕史)>がそれを阻む。そこに突然現れる、天魔王。実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄だったのだ。南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。しかしこの場は、狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。
天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(古田新太)>を訪ねて、無敵の鎧を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。
しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。
捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか……。

【感想】

3時間半のアトラクションだよ。

贋鉄斎、ズルくない?
チャリンコとローラーブレードと肉襦袢。

貴方のドクロ、どれから?
ワカドクロから

っていう新参者なんですけど、人が変わると話が変わりますね。
見える景色が変わるっていうか。
実際、客席動いてるんで見えるものは変わってるんですけど。

前回に増して、隙まみれの捨之介。
何も捨てられず、抱え込むしかできない子です。

蘭兵衛は、何も詰まってないんでしょう。
あの場で、死んでる感凄い。
多分、無界は守らないといけないものとは思ってるけど、本心はきっとどうでもいいと思ってそう。
傀儡。
誰かが、中身を入れなきゃいけないの。
それが極楽か?天魔か?という。

あの天魔は、キチ感凄かった。
やばそう。
純粋な悪だよ。
ノリは軽いけど、魔王だよ。

極楽はワカの時は、母性で包み込む姉御(蘭兵衛を見守ってる)だったけど、今回は対等な関係って感じだった。
蘭兵衛なこと分かってるから突き放してる(良い大人なんだから、自分でどうにかなさいよって感じ)。

沙霧は若さとか才能とかあふれてる。
飛び蹴りが凄い。
垂直に飛び蹴り。

兵庫はバカ。
元気なゴリラだよ。

最後は舞台に川ができて驚いた。

感想、書きながら終わりが見えないんだけど、面白かった。

もうこれで良くない?
私は考察とかできないタイプなんだ。

6月も楽しみ!!

【2017/05/19 16:01】 | theater
トラックバック(0) |

今年は上京がMAX8回という悪夢な予定を立てている綾倉です。
こんにちは。
既に2回確定してます。
(明後日くらいには次の2回が確定予定)
1クールに1回は飛行機乗らないと「ひこうきーひこうきー」と唸るので、
多分全部飛行機だと思います。

あと、スポンサー付きで北海道の予定もあるので、今年は1本到達するかもしれませんね(他人事)
はてさて、2月の頭にキャバレー観てきました。

多分、芸能ニュースとかで観た人多いと思います。
なんか、チケット高騰してたらしいですね(チケオク滅しろ過激派)

前置き長くなりましたが、ざっくり感想~★

【あらすじ】※公式より

1929年、ナチス台頭前夜のベルリン。キャバレー「キット・カット・クラブ」では、毎夜毎夜、退廃的なショーと、刹那的な恋の駆け引きが繰り広げられている。

妖しい魅力でお客を惹きつけるMC(司会者)。そしてショーの花形、歌姫サリー・ボウルズ。
ここは、日ごろの憂さを忘れられるバラ色の場所。

大晦日の晩、アメリカから到着したばかりの、駆け出しの作家クリフは、たちまちサリーと恋に落ち、一緒に暮らし始める。彼らが暮らす下宿の女主人シュナイダーは、長年女一人で生きてきたが、心優しいユダヤ人の果物商シュルツと結婚することを決意。しかし迫りくるナチスの脅威に、結婚を断念せざるをえなくなる。希望に溢れていたサリーとクリフにも、ナチズムの足音は高く聞こえ始め、そしてついに、キット・カット・クラブにも・・・・

【感想】

MC役の石丸さんのメイクがジョーカーみたいって思ってるうちに
乳と尻がぼろん。
久しぶりに舞台で観た~★

え、てか、ボーイズ含め恰好すげえな!!??

とりあえず、情報量が多い。
衣装がかわいい。
前半は全員が、幸せな方向に向かっているような気がしてくるんだけど…
1幕の最後の場面から不穏で、休憩に入る直前の演出で心臓がバクバクする。
恐怖による脈拍増加。

誰も幸せにならないし、第二幕は不幸の坂道を転げ落ちていく様子をお見せしますって、
宣言されている感じ。

第二幕は実際に、幸せが崩れていく様を見ることになるんだけど、
シュナイダーさんが切なくて仕方がない。
オールドミスが漸くつかんだ幸せが、時代の流れで失われていく様は本当に切ない。
サリーが言うことに納得する。

クリフの方が現実見ているようで、夢見てるんだよね、基本的に。
サリーは現実見てられないから夢に逃避してる。

明確な結末って、ないから、想像するしかないけど。
きっと、誰も幸せに終われなかったんだろうなぁって気持ちで終わる。
幸せになれなかったけど、美しい人生であったのかもしれない。

キットカットクラブは美しい人生しかいらないから。

というわけで、映画版もタイミング見てみたいな~。
DVDなったらDVDも欲しいな💛

という感じでした。
次観に行くのは、ムーミンかな?
その前に旅行行くけど。



【2017/02/09 13:21】 | theater
トラックバック(0) |

ここ数年、観劇初めは歌舞伎です。
こういうとカッコイイな!!

先に言っておくと、今回の席周辺地獄でした。
汚い言葉が並びそうなので、追記にかきますね。
私も特段マナー良いって訳じゃないけど劇場から言われる注意事項は守るぞ。

大阪松竹座新築開場二十周年記念
壽初春大歌舞伎(公式より)


夜の部
一、鶴亀(つるかめ)

 新年の節会が行われている宮殿。その庭で、千年万年の寿命を捧げるという、めでたい鶴と亀による舞が舞われます。
 能の「鶴亀」の詞章をそのまま長唄に移した格調高く典雅な舞踊劇で、新橋之助、新福之助、新歌之助によるおめでたい一幕です。
八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助 襲名披露 口上(こうじょう)

 裃姿の俳優がそろって舞台に並び、八代目芝翫、四代目橋之助、三代目福之助、四代目歌之助が、皆様に襲名披露のご挨拶を申し上げる一幕です。
三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)

 兄頼朝との不和により源義経は、弁慶ら家来たちとともに都を落ち延び、山伏姿に身をやつして奥州を目指します。安宅の関に差し掛かった一行は、関守富樫左衛門の詮議を受けます。窮地に立たされた弁慶は、自分たちが東大寺勧進の山伏であると偽り、その証拠として、白紙の巻物を勧進帳として読み上げます。さらに義経を救いたい一心で主君を打ち据える弁慶の心情にうたれた富樫は、一行が義経主従と見破りながらも関所の通行を許すのでした。
 歌舞伎十八番の中でも屈指の人気演目です。襲名披露演目となる新芝翫の弁慶にご期待ください。
四、雁のたより(かりのたより)

 若殿の前野左司馬は、愛妾の司らを連れて有馬へ湯治に来ています。司が髪結の五郎七に心惹かれている様子に嫉妬した左司馬は、側近たちと共謀し偽の恋文を五郎七へ届けます。大喜びで宿へと忍んできた五郎七ですが、盗賊呼ばわりのうえ、不義の罪を問われそうになります。そこへ左司馬の家老・治郎太夫が現れ、すべて左司馬たちの計略だったことを暴き、五郎七を助けるのでした。さらに、五郎七が只者ではないと見破った治郎太夫。その正体は…。
 上方狂言の代表作の一つ。随所に上方らしさを味わうことができる作品を存分にお楽しみください。

【感想】

踊りはよく分からないので、特にないのですが、藤十郎さんの女帝感すげえ。

口上って何言ってもいいんだな。
結構笑いが起きる内容でした。
前の芝翫さんや勘三郎さんの話なんかも結構皆さん喋られてました。

勧進帳はよくよく考えると初めて見たんですよね。
はける際のあの動きを見ると、勧進帳や!!ってなります。
それまでは動きがあまりないので、間食後の為眠気に襲われるのですが、
うっとり?しながら眠気に襲われるのです。
仁左衛門さんの横顔が凄い素敵だから。

で、雁のたよりは上方ですな。
やっぱり上方がすきー!!!!!!!!!!!!
和事ばんざい。

途中、鴈治郎さんと芝翫さんのやりとりがあったのですが、年末にあった例の騒動をとりあげおちょくる。
鴈治郎さんが「鴈治郎はあかん。色気がない。芝翫は色気がある色気が」といった流れで例の話題を取り上げ
芝翫さんが「もう落ち着いてきたので」と返すので、観客大笑い。
こういうのも含めてやっぱり上方の方が好きよね、と認識しました。
話の流れもなんとなく読めるし。

次は、2月頭に観劇(歌舞伎ではない)です。
こちらも楽しみ♡


地獄の席について

汚い言葉が並びますが許して欲しい。

前のばばあの椅子けったろかと思った。
最終的に「これは徳を積む修行なんだ…」と言い聞かせて乗り越えた。
あと、世界に入り込む。

ただ、どれくらい地獄だったかは共有したいので、記録を残しておく。
(多少前後あり)

踊りが始まってから、前のばばあが荷物をガサゴソガサゴソしだす。
始まって、5分はガサゴソガサゴソ。
そして、後方席だったため、おしゃべり→係員が注意するのコンボも。

短い演目だからまあいい。

次の演目。
おしゃべり→係員が注意する
前のばばあと私の横のおっさん、家族らしくオペラグラスを始まってから渡す。
休憩中に渡せよ。
そして、横のおっさんのオペラグラスバカになっているのかすごいカチカチ音が鳴る。

次の演目。

同じ列の数席隣のばあちゃん、始まってすぐに何か喋る。
そうすると、そのばあちゃんの隣の姉ちゃんびっくりするくらいキレながら注意する。
ただ、その姉ちゃんもマナーなってない。
凄い前のめりでなって見ていると思うと、音を立てながら番付(パンフのこと)を見だす。by妹
そして、私の前のばばあはまた荷物をガサゴソガサゴソ漁っている。
この時に椅子けったろかと思った。
そして、何故か振り向いて私の横のおっさんに封筒渡す。
休憩中にやれよ!!??
そして、横のおっさんは両足をゆする。
揺れるんやぞ。ヒモでしばんぞ。

初めから定期的に響き渡るビニールをガサガサする音。
あめくってるんか!!??
それに重なるように聞こえるいびき。
ビニール音といびきのハーモニーなんかいらん。

最後の演目は笑い声とかのおかげであんまり聞こえなかったけど、
ガサゴソ音は聞こえてたよね。

妹が終わってすぐに「今日はマナー最悪やったな!!」っていったぐらい酷かった。

私も翌日、会社で怒りながら愚痴ったけどな。
やっぱり今度からもっと早く席取ろうと思いました。まる。



追記を閉じる▲

【2017/01/25 22:37】 | theater
トラックバック(0) |

妹に「絶対取れ」と脅されながら辛うじて入手したA席のチケットを片手に
エリザベート(トート:城田回)を観てきました。

先に言う。

なんでテニミュ出てたん????(困惑)

【ストーリー】※公式より

19世紀末のウィーン。
若き皇帝フランツ・ヨーゼフが我が妻にと選んだのは、
自由な心と魂を持つシシィ(エリザベート)だった。
一目で惹かれ合い、固い絆で結ばれたかに見えた2人だったが、
その愛はハプスブルク王朝の破滅への序章であった。

自由を愛するエリザベートにとって、宮廷での暮らしは苦痛以外の何ものでもない。
姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自身の子供を自ら養育することも叶わなかった。

ある日、自分の美貌が武器になることに気付いたエリザベートは、
自らを完璧に磨きあげ、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めてゆく。
エリザベートが望みを叶えたのも束の間、彼女のまわりには、夫の不義、国民の誹謗中傷、
愛する皇太子ルドルフの死と、不幸の影がつきまとう。

そして、それらの不幸と共に彼女の前に現れるのが黄泉の帝王“トート=死”。
トートはエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、
彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。
しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味することであることも、
エリザベートは知っていた。

滅亡への帳が下りる帝国と共に、エリザベートの“運命の日”は迫っていた・・・。

【感想】

S席で観たかった…。
S席……(号泣)

良いものこそ、良い席で観たいよね。

いや、良かった。
前半見ただけで、「DVD買おう…」って言ってたの。

DVDも楽しみ!!

【2016/09/23 21:12】 | theater
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。