ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)

突然の訃報に吃驚です。
まだ48歳とお若いのに心不全で。。。

私の父も心臓で倒れて、一命を取り留めて。。。
どういえば、良いかわからないけど、心臓という繋がりに少し被る想いがあります。

名張の講演会で飄々とした感じがいいなーと思ったのを覚えています。
よければ、レポでもどうぞ。

なぞがたりなばり北森鴻先生講演会感想文+壱+
なぞがたりなばり北森鴻先生講演会感想文+弐+
なぞがたりなばり北森鴻先生講演会感想文+参+
なぞがたりなばり北森鴻先生講演会感想文+四+

この講演会に行ったから、高知に絵金を見に行ったんです。
小説になるのも楽しみにしていました。

少し寂しいです。
いつか、来る終わりが思った以上に早くて。

ご冥福をお祈りいたします。

【2010/01/25 21:46】 | book
トラックバック(0) |


N市のA
絵師金蔵の物語読みたかったよね。
曲屋の話読みたかったよね。
蓮丈那智先生の「鏡連殺」最後まで読みたかった。
北森先生が紡ぎだす物語、ずっと読めると思っていた・・・

物語が読めなくても、せめて生きていて欲しかったよ。


紅葉
きっと、北森先生は、絵金の様に赤が奇麗なお話を書いてくれたんじゃないかなぁと思います。
そうそう、曲屋も。
鏡連殺、謎解き部分のところだったそうですね。
一人、本になるのを待っているタイプなので。

もっと、色んなお話を見せてくれると、思ってました。
先生の新刊がどんどん出て、「おいつけねぇっ!!」ってなると思ってたのですが、きっとすぐに追いついて、その時にもう一度哀しくなると思います。

でも、早く、おやすみになられた分、読み手の為に、あちらの世界で沢山書かれてるんじゃないでしょうか。
絵金も曲屋も。
生きていて欲しかったけど、それを楽しみに今は、おやすみなさいと言いたいです。。。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
絵師金蔵の物語読みたかったよね。
曲屋の話読みたかったよね。
蓮丈那智先生の「鏡連殺」最後まで読みたかった。
北森先生が紡ぎだす物語、ずっと読めると思っていた・・・

物語が読めなくても、せめて生きていて欲しかったよ。
2010/01/26(Tue) 22:54 | URL  | N市のA #-[ 編集]
きっと、北森先生は、絵金の様に赤が奇麗なお話を書いてくれたんじゃないかなぁと思います。
そうそう、曲屋も。
鏡連殺、謎解き部分のところだったそうですね。
一人、本になるのを待っているタイプなので。

もっと、色んなお話を見せてくれると、思ってました。
先生の新刊がどんどん出て、「おいつけねぇっ!!」ってなると思ってたのですが、きっとすぐに追いついて、その時にもう一度哀しくなると思います。

でも、早く、おやすみになられた分、読み手の為に、あちらの世界で沢山書かれてるんじゃないでしょうか。
絵金も曲屋も。
生きていて欲しかったけど、それを楽しみに今は、おやすみなさいと言いたいです。。。
2010/01/26(Tue) 23:18 | URL  | 紅葉 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック