ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)


FC2トラックバックテーマ  第1493回「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」



別に怖い話じゃないけど、実体験を2つばかし。

1.沖縄

修学旅行で沖縄に行った。
いわゆる戦争学習で、ひめゆりの塔や摩文仁の丘等に行った。
その前に行った、旧海軍司令部壕は気持ち悪くて入れなかった。

向かう道が確か折れ曲がった坂道で、坂道を上がっていくほど、変な汗が流れて寒気がして気持ち悪くなった。
ただ、気温差とかで気持ち悪くなったのかと思って、友人とバスに残った。
冷房がかかった、バスで友人に話しかけれて素直に答えた。
「気持ち悪くて、行きたくない。」
「私も気持ち悪くて、行きたくなかった。」
似たような答えが返ってきたけど、明らかに私の方が異常に見えたらしくしきりに「大丈夫?」って聞かれた。

皆が戻ってきて、バスが発車。
来た道を戻っていく。
すると、変な汗もひいていって寒気もしなくなった。
暖かくなった感じがした。

特段、何もないけど明らかに体調に異変をきたしたのは後にも先にもこの1回だけ。
これより前にも1回あるけどその時は一瞬でそれ以来その建造物すら見ないようにしている。


2.火葬場

祖母が亡くなった時の話。
私は、初孫で祖母には本当に可愛がってもらっていた。
そんな祖母が亡くなり、お葬式をし火葬場へと運ばれる。

火葬場の二重の扉が閉まり、皆が退出していく。
私は、一番最後に退出しようとした。
すると、右足を思いっきり後ろへと引っ張られた。
後ろには、火葬場の扉しかない。
思いっきり、右足を床へふみつけた。
すると、右足の掴まれている感触がなくなった。
前に居た父に「右足を引っ張られた。」と言うと父が
「ばあちゃんちゃうか。」
そうだろう、と思った。
「それに、お前はそういうのわかるからなー」と続けて言われた。

・・・え?
何故、父からその一言が出たのかが未だに分からない。





【2012/08/20 11:29】 | other
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック