ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)

大阪公演の途中が誕生日だったから凄い行きたかったんだけど、
見事に全先行落ちまして。
やはり、日本一チケットの取れない演劇ユニット。

転売の価格もかなり高額でした。
(一応チェックはした)

ライビュ、確定後、運良くライビュチケット当選したので、それで見て参りました。
別会場は全部落ちたので、リアル奇跡。

ライビュも三万人で争奪戦だったそうなので、本当に取れて良かった。
グッズも販売してくれたので、手ぬぐいとバッグとパンフ買いました。

NACS公演初の外部脚本家&演出家でしたっけ。

ちなみに私は、子残念(仮)です。

【あらすじ】
とある場所に集まった5人の男。どこにでもいる、ごく普通の男たち。だが、彼らにはやらなければならないことがあった。それがどんなに恐ろしい事であっても。5人は幼なじみ。みな、悪童だ。

※公式発表より

【感想】

あらすじ少ないけど、まぁ、これが全部です。
話が何回もどんでん返しする話です。

ワンシチュもので、全員が役のイメージっぽい。
実際には、誰が誰を演じても良いように脚本されてたそうなんですが。
確かに入れ替わっても面白そうだなぁ~、と思いました。

そして、面白かった。
キサラギとか趣味の部屋、と同じ脚本家だもんね、そりゃ好みだよね。
ライビュでも見れて良かった、と思う反面、生で観たかった…。
多分、DVDにはなると思うのでなったら買います。
買う!!!

【2015/10/05 13:55】 | theater
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック