ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)

土日で道後温泉行ってきました!!
何でかって?
妹に「そういや道後温泉とニナミカコラボしてるよね~」
「!!??」
「え、知らんかったん?」
「うん、行く。」
という訳で、フリープランをポチッと予約しました。
勿論、飛行機でございます。

■1日目■
お昼の飛行機で、行く。
4年ぶりくらいのJAL。
そして、50人乗りという小型機。

天気悪いので揺れる。
揺れる。
約40分のフライトで、松山到着。

タイミングよく道後温泉行のバスに乗れたので、それで市内へ。
約45分位で到着して、雨も強くなりました。

商店街を通り抜け、ず。
まずはTenへ。
果試28号(紅まどんな)のハンディゼリーとみかんラングドシャを購入。
イートインでみかんジュース試し飲みを注文。
4種類のミカンジュースから選べて、
温州
温州
伊予柑
にしました。
温州も味が全然違うのですよ!!
あと、私は山口生まれなので、敵情視察です!!
※このあと、ミカン関連の商品を見る時は妹と二人で「敵情視察」といっておりました。

伊織も見て、ホテルへ。
ツアーにセットのホテルなので、ご飯がついていることだけ喜んで、泊まると部屋がでかい。
12畳ある・・・。
ホテルの場所はにきたつの近くです。
浴衣に着替えてまず温泉。

温泉からあがれば、晩御飯。
13品の御膳です。
鯛が多いですな。
鯛めしとか美味しかったです。

食べて、道後温泉本館へ。
入浴券はタダだった(ホテルでついてきた)
人が凄い。
中も外も人が凄い。
洗い場に座る為だけに立ち尽くす程度に人が居た。
あれは人を見に行くとこかもしれない。
又新殿は別料金払ってちゃんとみました!
一枚岩の風呂すごいな!!
しかも常にお湯をはってたとか。

商店街で明日買うお土産に目星をつけて、ホテルへ戻る。
そして、速攻寝ました。


■2日目■

おはようございます、したらお風呂。
ぽかぽか気分で、朝食へ。
イカのお造りおいしいです。
じゃこてんもぐもぐ。
昨日の夜ごはんから名物的なものをずっと食べておる。

食べ終われば、ホテルの売店でお土産買って荷物をつめつめ。
(ホテルの売店5%OFFやってん)
準備をできたら、チェックアウト。
坂道を必死にあがって、ガラス美術館へ。

ガラス製の金魚鉢とか道後温泉の色ガラスが特別展示されていたりと楽しいよ。
観賞終われば、歩いて湯神社へ。
御朱印貰おうとしたら、社務所あいてなかった。
諦めて伊佐爾波神社へ。
階段がすごい。
膝がプルプルしながら登り切ってお参り。
御朱印も勿論、頂きました。

あと3つで御朱印帳終わりです。
3年くらいかかったな。
今年中に2冊目にいきたいです。

で、道後温泉本館の写真をパシャパシャ撮りに戻り、商店街でお土産物を買い、サイダーだと思って買ったのが酒だったトマトフィズを飲みつつ、商店街を抜ける。
そうすると運よく、からくり時計の動く時間。
動いてるのを見て、横の足湯へ。
ぼーっと浸かり、路面電車で松山市駅まで行って、バス乗るかと思ったら、坊ちゃん列車が。

方向転換するというので、移動しようとしたら。
その時に、道後温泉×ニナミカラッピング列車もやって来て妹がパニック。
「方向・・・っ!!ニナミカ!!!」
パチパチと撮って、方向転換の場所へ。
人力なんですね。
ジャッキで持ち上げて回転させて、動かして。
人が乗る車両なのにおもちゃのようです。
一番驚いたのは、接続させるために一度運転車両を前進させるんですけど、その速度おかしいこと。
めっちゃ速いです。

方向転換を見て、列車に乗り込み(ニナミカラッピング車)松山市駅へ。
そこからバスに乗る予定が来るまで結構あったので、タクシーに乗り込み空港へ。

空港でもお土産を見て、昼食。
鍋焼きうどんを食べました。

東日本の天気が乱れていたらしく、飛行機の遅れで人が凄い!
羽田行が一時間遅れ。
どっかの飛行機は折り返しの可能性。
他の飛行機も遅れてました。
私らの飛行機は大丈夫やろって思ってたら、機材遅れで5分遅れることに。
そして、搭乗開始がまさかの離陸5分前。
・・・???
気付けば全員搭乗で慌てて乗り込みましたが、乗った日はバレンタイン。
チョコを手書きのメッセージとともにくれました。

飛行機乗ると、非常口の文字。
前にはオレンジの何かが刺さっている。
非常口に座っている人向けの案内でした。
飛行機乗り始めて、約20年。
初めて非常口の席に座りました。

オレンジ色の紙置いてるの。
簡単に言うと「ここは非常時にお手伝いをお願いしてる席や。色々お願いあるから読んで」的な感じ。

もちろん、何もなく着陸。
あっという間に家についてしまうのです。

今年はもう1回、道後行くかもです。
観たいものあるんだよ~。


【2016/02/15 15:57】 | travel
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック