ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)

妹が行こうっていうから、とあるとこで購入したら、
席がセンターですごく見やすかった。

【ストーリー】※公式より

舞台は内乱状態にあるアジアの架空の国。ベストセラー作家・永野は人質になってしまった先輩を助けるため、現地に赴く。そこで永野は、観光客や地元好事家たちの前で踊りその目を楽しませている美しい少年ダンサーたち“ゴーゴーボーイ”の一人、トーイの危険な美しさに魅了され、様々なアクシデントに巻き込まれていく。一方、日本で永野の帰りを待つ元女優の妻ミツコは浮気をしているが、夫が行方不明になった悲劇のヒロインとして現地に向かうことを余儀なくされる。
ジャーナリストの亡霊、いい加減な通訳、少年たちの運命を握るゲイのインテリアデザイナー・・・。様々な面倒臭い人々や、異国のアウェイ感に阻まれ、お互いに探し続けるのになかなか出会えない夫婦の間に永遠のような時間が流れる。

探すことは愛なのか?そして“ゴーゴーボーイ”たちの運命は?

【感想っていうか覚書】

始まって5分で岡田将生の尻を見るとは思わなんだ。
トーイはビッチだよ。
白痴っぽい極悪な美少年だよ。
気付いたら、色んな演者さんとキスしてたよ。
永野とはいたしてたよ(多少、意味が違う)
このとき、観客大笑い。

文楽みたいに語り手が舞台上にいたりして、ちょっと古典芸能風味をまぶしつつ、
これがすんなりと馴染むから。

やっぱり独裁国家が出てくる。

ミツコの脱ぎっぷりが凄い。
ていうか、扇子のさばき方とか着物で舞う時のキレが違う。
やっぱ、歌舞伎のおうちの子。

やぎさんのやぎ。
血、だばー。

踊る松尾さん見たらなんか面白い。

あと、大麻先生。

なんか笑って、ふわふわしている間に終わってしまった感じ。
DVDなるかな?

【2016/08/16 14:07】 | theater
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック