ぽんこつ駄目人間の日常(戻した)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWに観に行った。
6月も行く。
運良く前方席・後方席で分かれているので楽しみです。
(見え方が違うらしい)

【あらすじ ※公式より】
時は天正十八年(1590)。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、都から遠く離れた関東の村々は<天魔王(成河)>率いる関東髑髏党に荒らされていた。
この日も、とある村が髑髏党の鉄機兵たちに襲われていたところに傷だらけの<沙霧(清野菜名)>が飛び込んでくる。彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。と、そこに派手な身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。先頭に立つのは、頭目の<兵庫(青木崇高)>だ。しかし仲間の<三五(河野まさと)>の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。そこへフラリと現れた着流し姿の男が、手にした大きな鉄煙管で鉄機兵を叩きのめす。男は自らを<捨之介(小栗旬)>と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせるため、兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。
色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人<狸穴二郎衛門(近藤芳正)>らの姿もある。この色里一と評判の<極楽太夫(りょう)>は、「沙霧をかくまってほしい」という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。
その夜。店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主<蘭兵衛(山本耕史)>がそれを阻む。そこに突然現れる、天魔王。実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄だったのだ。南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。しかしこの場は、狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。
天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(古田新太)>を訪ねて、無敵の鎧を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。
しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。
捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか……。

【感想】

3時間半のアトラクションだよ。

贋鉄斎、ズルくない?
チャリンコとローラーブレードと肉襦袢。

貴方のドクロ、どれから?
ワカドクロから

っていう新参者なんですけど、人が変わると話が変わりますね。
見える景色が変わるっていうか。
実際、客席動いてるんで見えるものは変わってるんですけど。

前回に増して、隙まみれの捨之介。
何も捨てられず、抱え込むしかできない子です。

蘭兵衛は、何も詰まってないんでしょう。
あの場で、死んでる感凄い。
多分、無界は守らないといけないものとは思ってるけど、本心はきっとどうでもいいと思ってそう。
傀儡。
誰かが、中身を入れなきゃいけないの。
それが極楽か?天魔か?という。

あの天魔は、キチ感凄かった。
やばそう。
純粋な悪だよ。
ノリは軽いけど、魔王だよ。

極楽はワカの時は、母性で包み込む姉御(蘭兵衛を見守ってる)だったけど、今回は対等な関係って感じだった。
蘭兵衛なこと分かってるから突き放してる(良い大人なんだから、自分でどうにかなさいよって感じ)。

沙霧は若さとか才能とかあふれてる。
飛び蹴りが凄い。
垂直に飛び蹴り。

兵庫はバカ。
元気なゴリラだよ。

最後は舞台に川ができて驚いた。

感想、書きながら終わりが見えないんだけど、面白かった。

もうこれで良くない?
私は考察とかできないタイプなんだ。

6月も楽しみ!!

【2017/05/19 16:01】 | theater
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。